TEL0897-87-2874

モーニング・ランチ営業有り
詳しくはお電話ください

お料理|しまなみ海道の民宿 珈里葡のお食事のご案内

  • HOME
  • お料理|しまなみ海道の民宿 珈里葡のお食事のご案内
お料理

おすすめ料理

当民宿・レストランのおすすめ料理のご紹介です。
民宿の広間・レストランを使って会食のご予約も承っております。

おこぜのお刺身

おこぜのお刺身

☆特におすすめ☆

ご注文いただいてから、(お泊りの方のものは、お食事が始まる直前に)生簀(いけす)から出してしめるため、お出ししても時々ピクピクと動きます。もちろん天然です!

新鮮でこりこりとした歯ごたえのある身を薄造りにしています。きもや薬味と一緒に召し上がってください。

背ビレに毒があり、(もちろん取り除いたものをお出ししますのでご安心ください!)可食部も少ないため、薄造りには高い調理技術が必要です。ベテランの店主が腕によりをかけた絶品の一皿!ゴツゴツした見た目からは想像もできない美味さは、まさに瀬戸内の海の幸!

おこぜの刺身が初めての方も、大好きな方にも、自信をもっておすすめしたい一皿です!

おこぜの唐揚げ

おこぜの唐揚げ

刺身とはまた食感が異なり、身はホワッと柔らかくホクホクで、ひれの部分はバリバリとした食感を楽しんでいただけます。

よくいらっしゃるお客さまは、おこぜの唐揚げをお出しすると『これ、これ~!!待ってたよー』とおっしゃいます(笑)。

上手に召し上がる方は頭の骨(の一部)しか残しません!

あこうのお刺身

あこうのお刺身

“幻の魚”と呼ばれているあこうです。しめたての新鮮な身を薄造りにしています。

個人的には鯛よりもおいしいと思います。見た目の美しさも負けていませんよ。

基本的に夏にとれる魚です。

あこうの煮つけ

あこうの煮つけ

しっとりとしていて、コクがあります。もっちりとしているんですが、食べやすい!

煮つけの中では、一番おすすめです。

こんな材料を使っています

おこぜ

おこぜ

背ビレには毒があり、鱗はなくゼラチン質の皮、名刀をギラつかせてるのに防具は軽装・・・まさに村上海賊を彷彿とさせるスタイルですね!

「岩にぶつけたような顔」と揶揄されるおこぜですが、この魚相からは想像がつかないくらいおいしいです!!よ~く見ると愛嬌のある顔をしてるんですよ(笑)

ゴツゴツしていて見た目の美しさはありませんが、中身は瀬戸内の急流にきたえぬかれ滋味に富んでいます。

当民宿では“イワナガヒメの化身”と考えてます。

あこう

あこう

かつて“幻の魚”と呼ばれた時期もありました。刺身・煮つけは(個人的には)鯛よりもおいしいと思います。基本的に夏によくとれます。

おこぜのイワナガヒメに対し、あこうは“コノハナサクヤヒメの化身”です。

はも(鱧)

はも(鱧)

獰猛です。彼らは何でも食べます(飲み込みます)。噛まれないように注意が必要!

たこ

たこ

たこです。茹でて食べるのが一般的ですが、生で刺身として食べてもおいしいです。

おおえび

おおえび

はねてます!正式な名前は知りませんが、漁師さんはおおえびと呼んでいます。

あなご

あなご

生きたあなごはヌルヌルとして扱いにくいです・・・。蒲焼にして寿司種などにしますが、新鮮なものは、塩焼き・刺身にしてもおいしくいただけます。

お問い合わせ

お電話かFAXにてお問い合わせください

TEL:0897-87-2874
FAX:0897-87-2911

宿泊申込書